お葬儀後から五十回忌までの法要の流れ(仏式)一例


葬儀・告別式

還骨勤行
繰り上げ初七日法要と精進落とし


初七日法要

親族・知人・葬儀でお世話になった方を招き、読経・焼香のあと故人を偲んで会食を行います。
最近では、ご葬儀と同じ日に初七日法要を行う「繰り上げ初七日法要」が増えております。

【 お葬儀日から初七日法要まで 】


二七日法要・三七日法要・四七日法要・五七日法要・六七日法要

親族だけで法要を行います。


七七日法要(四十九日)

【 満中陰 】親族・知人を招き、忌明けの法要・埋骨式・会食を行います。
白木位牌から塗位牌にかえ、仏壇に納めます。


百ヵ日法要

親族・知人を招き、故人を偲んで供養します。


初盆供養

親族・知人を招き、故人を偲んで供養します。


一周忌法要

親族・知人を招き、故人を偲んで供養します。

【 初七日後から年忌法要へ 】



三回忌法要

【 2年目 】親族・知人を招き、故人を偲んで供養します。


七回忌法要

【 6年目 】親族・知人を招き、故人を偲んで供養します。


十三回忌法要

【 12年目 】親族・知人を招き、故人を偲んで供養します。


十七回忌法要

【 16年目 】親族・知人を招き、故人を偲んで供養します。


二十三回忌法要

【 22年目 】親族・知人を招き、故人を偲んで供養します。


二十五回忌法要

【 24年目 】親族・知人を招き、故人を偲んで供養します。


二十七回忌法要

【 26年目 】親族・知人を招き、故人を偲んで供養します。


三十三回忌法要

【 32年目 】親族・知人を招き、故人を偲んで供養します。


五十回忌法要

【 49年目 】親族・知人を招き、故人を偲んで供養します。

五十回忌のあとは、百回忌・百五十回忌と50年毎に行います。
三十三回忌もしくは五十回忌で法要を終えて、永代供養を行うことが多いようです。