初七日後から年忌法要へ


御香典返し準備

頂いた御香典に対してのお返しは、三十五日(中陰)または四十九日(満中陰)の忌明け後に行うのが普通で、御香典の半額を返礼とする「半返し」が一般的です。
返礼品には表書きとして「志」と書き、その下に喪家の氏名を入れ、水引きは黒白を用います。
忌明け後の場合は、忌明けの挨拶状も添えて、文面には御会葬のお礼、忌明けの報告、故人の戒名を書き入れます。
葬儀社に依頼しますと、品物選定、忌明けの挨拶状、発送の手配まで行ってもらえます。





本位牌・お仏壇の準備

葬儀のときに使用した白木の位牌は、忌明けに寺院や霊園に納めます。
忌明けには仏壇に本位牌を安置します。
本位牌には、黒壇位牌・黒塗位牌・回出し位牌などがあります。




お仏壇を購入する時期は特にありません。忌明けまでに購入できれば忌明け法要のときに「開眼供養」もしていただけますが、
百か日、一周忌の法要に合わせて 購入されても構いません。
お仏壇の種類は大きく分けて二種類あります。
【 金仏壇 】漆塗りの素材に金箔を張って仕上げたもの。
【 唐木仏壇 】紫壇、黒壇などの材質の木目を生かしたもの。
仏具として、花たて・燭台・香炉は最低限そろえるもので、三具足と呼ばれています。




墓地・墓石の準備

墓地を選ぶとき、永代使用料・墓地の管理・宗派との関わり・法事ができる施設の有無などの注意点があります。
【 墓地の種類 】
◯ 公営墓地・・・永代使用料や管理料が明瞭で安いのが特長です。一度受けた所有権は、代々受け継ぐことができます。
◯ 寺院墓地・・・お寺の境内にある墓地と、郊外に作られた公園墓地があります。お寺の境内にある墓地は、お寺の檀家という従来の形が多くを占めています。
◯ 民営墓地・・・財団法人や社団法人が管理する墓地。資格、宗派は問わないなど、誰でも申し込みが出来るのが特長です。郊外にある所が多く、 礼拝堂・駐車場・法要設備が整っています。

【 墓石 】
墓石材には、花崗岩・安山岩・斑れい岩・閃緑岩などが一般的に使用されています。
素人には石の良し悪しは見分けにくいものです。信頼できる石材店と契約することが大切です。





形見分け

形見分けは、肉親やごく親しい方に差し上げます。箱入れや包装に気を使う必要はありません。
友人・知人への形見分けは慎重にしたいものです。




忌明け法要

御遺族は、七日ごとに故人を供養する法要を行います。
四十九日目に行う大切な節目の法要を「忌明け法要」と言います。(なお、三十五日を「中陰」、四十九日を「満中陰」と言います。)
皆様が集まりやすい土日などの休日に行うことが一般的ですが、日程を調整する際は正式な四十九日より手前に設定します。御遺族は満中陰を一区切りとして新しい出発を始めます。
忌明け法要の服装は、略礼服を着用します。
法要後、会食の宴を設けます。その席で喪主は御遺族を代表して忌明けの報告とお礼のことばを申し上げます。




納骨

四十九日の忌明け法要後に、納骨式・納骨を行うのが一般的です。
新しいお墓の場合は開眼法要も同時に行います。また、墓地の移転、すなわち改葬するとき及び、遺骨だけ古い墓地から移動させるときは閉眼法要を行います。
納骨には遺骨と白木のお位牌とは別に、埋葬許可書・認印・霊園使用許可書(霊園の場合)が必要です。




初盆供養

お盆は正式には盂蘭盆と言います。故人が亡くなられてから初めて迎えるお盆(四十九日法要がお盆より前)は初盆と言いまして、特に手厚く供養を行います。
十三日は迎え盆と言い、夕方迎え火をたいて御先祖の霊をお迎えします。十三日から十五日の間に僧侶を自宅に招き、供養の読経をしていただきます。 その後、親族・知人とともに精進料理をいただきます。
十五日の夕方には御先祖の霊をお送りする送り火をたきます。地方によりこの日の夕方に精霊流しを行うところもあります。





一周忌法要

亡くなられて一年目に営む法要を「一周忌法要」と言います。
近親者、知人を招き法要を行い、法要後には僧侶ともども会食を行います。
その席で僧侶の法話を聞き、ありし日の思い出話などをしながら故人を偲びます。
僧侶を自宅に招いて法要を行う場合は、お布施とは別に御車代を包みます。
会食を辞退した場合は御膳料を包みます。





年忌法要

一周忌法要も年忌法要の営みです。一周忌法要のあとは二年目が「三回忌」、六年目が「七回忌」と、亡くなられた年も加えて数えます。
十三回忌(満12年目)・十七回忌(満16年目)・二十三回忌(満22年目)・三十三回忌(満32年目)・三十七回忌(満36年目)・
五十回忌(満49年目)・ その後百回忌もありますが、三十三回忌もしくは五十回忌で法要を終え、永代供養を行うのが多いようです。



お葬儀後の流れへ戻る