お葬儀当日から初七日法要まで


還骨勤行(遺骨の安置)

御遺族は骨上げ後、斎場または自宅に戻り、後祭り祭壇に遺骨・位牌・遺影を安置し、僧侶に読経・供養していただく「還骨勤行」を行います。
宗派によっては「還骨法要」や「安位諷経」とも言います。
「後飾り祭壇」には、遺骨・位牌・遺影とともに、香炉・線香立て・蝋燭立て・花立て・鈴・鈴棒などを置きます。
四十九日法要後、後飾り祭壇から仏壇にします。




繰り上げ初七日法要と精進落とし

初七日法要は、故人が亡くなられた日を含め七日目に行う法要です。
最近では遠方の方々、多忙な方々への配慮から還骨勤行のあとに「繰り上げ初七日法要」を合わせて行うことが多くなりました。
繰り上げ初七日法要が終わると精進落としに移ります。
「精進落とし」とは、喪家がお葬儀列席者や関係者の労をねぎらうための宴席です。魚やなま物は使いませんでいたが、現在はお料理としてお出ししています。
席次は上座に僧侶、賓客が座り、喪主・御遺族は末席に座るように配慮します。




挨拶まわり

お葬儀翌日から一週間前後に、菩提寺・隣近所・会社などに挨拶まわりを行います。
無事に葬儀を終えたことを報告し、とくにお礼をしたい方には菓子折りやお茶などを持参します。
また、葬儀社より請求書が届きましたら支払いを済ませます。




初七日法要

亡くなられた日を含み七日目に行う法要のことを「初七日法要」と言います。
親戚やお世話になった方々を招き、僧侶に読経をしていただきます。法要後、会食の宴を設けます。
最近では、葬儀・告別式と同じ日に行う「繰り上げ初七日法要」が増えています。
初七日法要のとき、今後の法要・納骨などの日時をお決めになるのが良いと思われます。


お葬儀後の流れへ戻る

「初七日後から年忌法要へ」ページへすすむ